コンテンツ用語集

二次的著作物

【法律】著作権(財産権)の一つで、原作の特徴を残しつつも新たな創作性を加えたものを二次的著作物と呼び、原作とは別の著作物として保護される。
二次的著作物の創作については著作権者や原作の著作者の了解がないと違法であり、用途により翻訳権、編曲権、変形権、翻案権(二次利用による脚本、アニメ化、映画化等)に関わる。映画化などの場合、複製権、翻案権、同一性保持権の許諾も得る必要がある。

(関連用語:著作権著作権者著作者著作物同一性保持権二次的著作物の利用権二次利用複製権翻案権翻訳権利用の許諾


  ※当サイトに記載している情報の無断転載および複製を禁止致します。
Back to Top