コンテンツ用語集

著作権侵害

【法律】著作者の許諾なしに無断で利用した場合に課せられる罰則。
個人が著作権侵害を行なった場合は、最高で10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、または懲役と罰金の併科が課せられる。また、法人の代表者や従業員が業務内で著作権侵害を行った場合は、行為者のみならず、その法人にも3億円以下の罰金が課せられる。
※TPP交渉合意により、著作権者の告訴がなくても捜査当局が起訴できる「非親告罪」(但し、一部例外的措置があり。同人などの2次創作の場合、権利者の利益を損なわない程度であれば例外の範囲内になる予定。)、損害賠償については一定額の賠償を支払う「法的損害賠償金」を導入予定。法改正の時期は不明。

(関連用語:著作権著作権者著作者


  ※当サイトに記載している情報の無断転載および複製を禁止致します。
Back to Top