コンテンツ用語集

職務著作

法人著作ともいう。法人の発意によって企業に所属する従業員だけで著作物を作った場合、それが法人名義での公表を予定しており就業規則等にも特別な定めがない場合、職務著作(法人著作)に該当し、その法人が著作者となり全ての著作権を取得する。
一部でも外部に委託した場合は権利がその委託先に帰属することがあり、その場合、その委託者の著作者人格権は移動できない(法人が取得できるのは著作権のみ)。

(関連用語:著作権著作者人格権著作物


  ※当サイトに記載している情報の無断転載および複製を禁止致します。
Back to Top