コンテンツ用語集

実用新案権

【法律】産業財産権の一つで、新規性や進歩性、産業上の利用可能性を備えた考案を、独占的に実施をすることが許される権利。
特許庁への出願による手続きは特許と同様だが、実用新案は簡易な手続きで保護を与えることを目的とされた制度。保護期間は、実用新案登録出願をした日から6年。

(関連用語:産業財産権


  ※当サイトに記載している情報の無断転載および複製を禁止致します。
Back to Top