貸したい・売りたいコンテンツの条件

貸したい・売りたいコンテンツとは

「貸したい・売りたい」コンテンツをお持ちのコンテンツ・ホルダー(権利者)向けのサービスです。

コンテンツは莫大な投資とクリエイターたちの知恵とセンスが込められた資産です。
アイデアの創出、人物やキャラクター設定に時間を割くばかりではなく、製作段階に入っては更に長い年月を要するにもかかわらず、実際は、複数のメディアや提供方法が多岐に渡り、コンテンツの短命化が進行しております。

こうした状況下、人の目に触れずにひっそりと消えていくコンテンツや利用価値が残存しているのにマルチ展開をせず、休眠資産となっているコンテンツが多く見受けられます。
この機会にお手持ちのコンテンツ資産を有効活用してみませんか。

また、事業の方向転換や縮小などでコンテンツの売却や事業の売却先を探している企業や個人様にもご活用いただけます。

貸したい・売りたい

ご登録条件

以下の条件が揃っている方や企業がご登録できます。

  • 市販されたことがある(またはされる)出版(マンガ・小説含)、アニメ、ゲーム、映画、ドラマ、キャラクターなどのコンテンツ資産が手元にある。
  • コンテンツの権利者であり、決裁者である。(共同権利者がある場合、他の権利者の合意も取り付けられる。)
    ※コンテンツはデジタルで保存されているものが好ましい。

逆に以下の方は登録が困難になります。

× コンテンツを担保にローンを組んでいる。
× コンテンツが訴訟対象になっている。
× コンテンツの著作権者が不明。

ご契約方法

マッチング相手先とのコンテンツの契約方法には2つの大きな考え方があります。

許諾 許諾とは、「貸したい」「借りたい」コンテンツの場合で、いわゆる権利の貸借に対する契約用語です。
許諾を受けた利用者は使用方法や条件が制限されます。
また、独占的利用許諾と非独占的利用許諾の締結方法があります。
コンテンツを中国語に翻訳して中国で売りたいという会社がある場合、利用許諾を結ぶことになります。
実際の契約では主に「利用許諾契約」や「使用許諾契約」、「ライセンス契約」というタイトルになります。
また、許諾のことも「譲渡」としている業界がありますが、当サイトにおいては「許諾」で統一しています。
譲渡 譲渡とは、「売りたい」「買いたい」コンテンツの場合で、いわゆる権利や事業の売買に対する契約用語です。
譲受者(買取側)は新たな著作権者になり、場合によって制限なく利用でき、他社に利用を許諾することができます。
譲渡者(売却側)の権利はなくなります。
実際の契約では主に「著作権譲渡契約」や「事業譲渡契約」というタイトルになります。

※注)契約書の数

許諾契約の場合、契約書は一点一用です。
一度に出版権の書籍化、DVD化、携帯配信化といった性格の異なるメディアを一つの契約書で完結することは一般的ではありません。
コンテンツの権利を借りる場合、何に2次利用するのか明確にする必要があります。
契約締結に必要な場合、契約書の雛型を無料でご提供しています。

契約上のメリット・デメリット

当サイトでの貸したい(許諾)ではミニマムギャランティ(最低保証)制を推奨しております。

貸したい(許諾)側のメリット

  利益の確保または投資回収
  ※優良コンテンツの場合には、*ビッド(セリ)方式で思いがけない利益を生み出す
  コンテンツの露出機会増大
  本作への評価還元によるクリエイター、社員のモチベーションアップ
*ビッド方式:優良コンテンツに複数の申込があった場合、期間を限定してセリを行う方法です。
詳しくは電話かメールにてお問い合わせください。

売りたい(売却)側のメリット

上記に加えて、
  別事業に専念

貸したい(許諾)・売りたい(売却)側のデメリット

買い手側と売り手側のコンテンツ評価にギャップがあります。

手順

  1. 「貸したい・売りたいコンテンツに登録」や「問い合わせ」フォームか電話にてお問い合わせ

    フォームや電話でのお問い合わせ、またはお手持ちのコンテンツ情報を指定フォームにて直接ご登録いただきます。

  2. 弊社より電話にてご確認

    電話にて以下の点をご確認します。

    • ご登録の内容の確認
    • ご登録者のご本人の確認
    • マスター(原本)の保存状態
    • 本件に対するリクエスト

    お取り扱いできないものもありますので、こちらのFAQにてご確認ください。

  3. 貴社からの以下の項目を全てご提供

    下記のご提供物到着からコンテンツ精査に入ります。ご提供いただいたもので再度ご連絡させていただくこともあります。

    • 弊社との契約のお手続き
    • コンテンツが非オンライン型の場合は市販された(される)著作物を1本またはシリーズの場合は全編、オンライン型の場合は無償アクセス権
      ※市販前のパッケージの場合はテスト版でも可
    • 販促物(PV、ポスター、カタログ、チラシ、リリース記事など)
    • (任意)非オンラインの場合のパッケージ表紙画像、オンラインの場合もスクリーンショット画像のご提供
    • 売上データ(売上を立証する客観的データ)
      ※場合によって会社・本人確認の書類をご提出頂くこともございます。
  4. 弊社との契約後、サイト掲載をご希望の場合は掲載の確認をし、「貸したい・売りたいコンテンツ一覧」に掲載

    弊社と「媒介契約書(仲介契約書)」を締結させていただきます。
    「貸したい・売りたい」の掲載情報の訂正・修正はここで確認することができます。

  5. 候補先のお申し出またはスクリーニング

    お申し出があった場合やスクリーニングでマッチした候補先をお探しします。
    売りやすいコンテンツとは

    • セールスポイントが明確
    • 顧客やファンなどの固定層がついている
    • 万人受けするかマニア受けするもの
  6. 候補先との交渉

    許諾者と受諾者または譲渡者(売却側)と譲受者(買取側)の二者で直接交渉していただきます。
    成約した場合、当事者間での契約・決済を行っていただくことになります。

  7. 弊社へのお支払い

    成約後、弊社に規定のご利用料金である媒介料をお支払いいただきます。

注意事項

  1. ご登録記入内容―ご記入いただいた内容、数字に関しましては、正確なものをご記入ください。
    万が一、虚偽の報告をすると、トラブルの原因となります。
    また、弊社では細心の注意を払って精査しておりますが、お客様のご登録内容について責任を負えないこと、ご了承ください。
  2. ご登録いただく著作物に関し、以下の点を再度ご確認ください。
    • 1)著作権保持者であること。共同で著作権を保有している場合、共同者の合意を取られていること。
    • 2)権利に関するもの―著作権( 他社のHPや文献、キャラクターの無断使用)侵害、商標権(他社のロゴマーク、商品名の無断使用)、意匠権(他社のデザインの模倣)など産業財産権の侵害や肖像権(芸能人のイラストや画像無断使用)、プライバシー権などの人格権侵害に関わるものが含まれてないこと。
      ※該当するか否か判断に迷う場合はご登録の際に、記入欄にお申し出またはお問い合わせ下さい。
    • 3)表現に関するもの―職業、性別、人種・民族・宗教、身体的精神的症例等の蔑視表現、反社会的行為、公序良俗、ハラスメントに関する表現が含まれていないこと。
      ※該当するか否か判断に迷う場合はご登録の際に、記入欄にお申し出またはお問い合わせ下さい。
    • 4)原案(マスター)の保存状態が確かなこと。
    • 5)買い手側の「借りたい・買いたい」の登録情報―弊社では細心の注意を払って精査しておりますが、お客様のご登録内容について責任を負えないこと、ご了承ください。
    • 6)契約締結後―情報開示で得た情報及び保有者情報は、秘密保持契約上、漏洩しないようご注意ください。

Back to Top