貸したい・売りたいコンテンツ詳細

非公開のコンテンツ情報もありますので、電話または問い合わせフォームからお申し出ください。

※希望保証最低価格:許諾及び複数の2次利用先を設定している場合、1つの許諾につき希望されている価格です。

閲覧数 951  
問い合わせ番号 L1010604020128
受付日 20120222
ジャンル マンガ
カテゴリー SF・ファンタジー / アクション・ヒーロー
コンテンツのストーリー要約 美の国で平和に暮らしていた魔法使いたち。ところがある日、天から降ってきた謎の光とともに、すべての魔法使いが猫に変えられてしまう。新勢力が無力になった元魔法使いの猫狩りを行い、思うがままに支配し始める。そんな中、命運を握る大魔法使いもただの“大猫”に変えられ、「魔法書」を持っていた人間のままの少女をかばったことから、さらなる虐待を受けることに・・・。少女に迫り来る危機に、魔法を使えなくなった大猫は立ち向かうことができるのか。そして、新勢力が「魔法書」にこだわる理由とは何か―――。
壮大なスケールの世界観の中で、平和な世の中を取り戻すため大猫とその仲間たちのアドベンチャー・ファンタジー作品。シリーズもので、第1~第3話まで電子書籍発行済み。中国配信済み。
キャッチフレーズやアピール点 謎の光により猫に変身させられ、無力化した魔法使いが冒険を通して「勇気」「仲間」とは何かを掘り起こす、アドベンチャー・ファンタジーマンガ。アニメ化、ゲーム化、中国を除く海外配信化希望。
ターゲット 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, ファミリー, 10代, 20代
リリース時期 2011年
シリーズもの・単発もの シリーズもの
オリジナルもの・原作ありもの オリジナルもの
現在も売っている
(放映している)
販売中(放映中)
今までの実績メディアとその目安 スマートフォン配信、国内電子書店配信、中国配信済
概算実績売上
当該コンテンツの長さ
(時間)
20分/1話
貸したい(許諾)・売りたい(譲渡) 貸したい(許諾)
許諾・譲渡希望時期 今すぐ可能
向いていると思われる2次利用先 アニメ、ゲーム、グッズ、海外配信(中国語圏除く)
希望保証最低価格 応相談
備考

・漫画家は某有名少年漫画大賞佳作受賞。

 

Visual1

 

 

Visual2

 

 

Visual3

 

 

Visual4

 

*******************************

【インタビュー】

出版社さんにこの作品についてインタビューをしてみました。

 

――この作品の概要と魅力は?

 

本作品は、まずストーリー的な魅力としましては冒険を通して少女・少年が「勇気」とは何かを学び、「こころ」の問題を掘り起こす深い作品に仕上げていく予定です。

作家が子供向けファンタジーには定評がありますので、さらに大人が見て楽しめるもの、何回読んでも飽きない深さを入れ込むことを注力しております。

絵的な魅力としては、子供向けのかわいい絵やキャラクターは当然なのですが、恐怖や恐れ・驚きのシーンの表現、つまりかわいさと恐怖の絵のギャップは、この作品の強力なポイントと考えております。さらに冒険もののファンタジー作品ですので、味方のキャラクターや敵方の追っ手、魔法に惑わされる人々など様々な魅力的なキャラが登場します。

登場人物の豊かさ、多さ、個性を通して、人とは何か、こころとは何かを改めて問い直すきっかけになる作品になればと思います。

 

――マンガのモチーフ(きっかけやアイデアの出所)は?

 

作家の子供向けの作品を書きたいという意欲と、魔法使いが良い政治を行っている国で、ある日突然その魔法使いがいなくなったらどうなるか?例えば猫にさせられたらどうなるんだろう、というアイデアに、そこに近年問題になっています人間の心の問題・闇について入れ込められれば、子どもと大人が一緒に観賞でき、しかもグローバルに見てもらえる作品になるのではと思ったことが出発点です。

 

――大変だったことは?

 

当初は、スマートフォン向けにコマ数を少なくして制作していたのですが、少しずつタブレットが拡大してきましたので、紙の原稿サイズに戻して制作を行うなど、技術・環境の変化に対応する必要性を感じております。

またストーリーについては、ファンタジーはある一定程度話が進みませんと話の面白さや個性が伝わりにくいのでどういう話をどのタイミングで展開するか、そしてファンタジーの世界には漫画にかかわらず世界の巨匠が多くいますので、その方たちとの作品といかに差別化するかということに日々、熟考している点です。

 

――今後の展開など?

 

本作品のオリジナルの戦い方やアイデア、登場人物や方向性などほぼ固まっておりますので、あとは最近の社会的課題を織り込みつつ、「古く懐かしいファンタジー要素と新しい社会や心の問題を解決する新しい視点」を忘れず、制作に取り組んでまいります。

この両方の要素が入った作品でしたら、これから漫画を読み始める発展途上国市場と多くの漫画を読みなれている先進国市場の両方を狙っていける作品になると考えております。

具体的な展開方法としては、国内・海外問わず電子書籍・配信市場は積極的に配信を行いつつ、紙の出版やキャラクター展開も並行して進めていく予定です。リリースとしては30P程度を1.2カ月ごとに連載配信を進めております。

 

――ひと言アピールしてください。

 

キャッチフレーズは~勇気はきっと、叶えてくれる~です。

勇気を持って問題に真正面からぶつかれば必ず解決する道はあるはず、逃げないことが大切です。

それを伝えられる作品になればと思っております。

 

――ありがとうございました。

 

 

 

Back to Top