タメになる面白情報

はじめに

コンテンツ・リプロデュースを補足する、「タメになる面白情報」

「タメになる面白情報」コンテンツの権利の利用方法や契約、海外表現に関する面白い情報から真面目な統計まで硬軟取り揃え、コンテンツの2次利用に役立つ情報を志しています。
もし気になる情報や「タメになる面白情報」についてのご意見・感想などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
↓クリックでメールアドレスが表示されます。
omoshiro

※PCの場合は右の記事一覧で選択、携帯の場合はこの「記事一覧」をクリックすると、一覧に飛びます。または各記事の見出しバーの右上の文字列(例 [ コンテンツ2次利用《ゲーム化》 ] )をクリックすることで、ご覧頂けます。マウスを合わせても下線が現れない場合は、すでにまとめ記事が表示されていることもあります。[編集 面白班]

2010-04-20 「コンテンツ・リプロデュース」サイトのきっかけ

このサイトを始めるきっかけとなったのは、四つのことからで、またそれが運営していくうちに形となってきています。
 

一つ目は、求められているコンテンツが反映されない。

これは原作者や権利者の戦略や意図もあるので、難しいことかもしれませんが、あのコンテンツのアニメが観たい、ゲームをやりたい、という気持ちを持たれている人が多かったことから。

この仕事を通して、ひょんなことから、あるマンガに出会い、読んでいくうちに、いつの間にか、ファンになっていました。
いつかアニメ化・ゲーム化したいと願ってやまないマンガで、この熱い想いが益々仕事を後押ししてくれてます。

なので、どんなダメ出しされても、しつこく粘りますよ~、スタッフ共々。
視聴者やプレイヤーの代弁者としても、コンテンツの権利元を押し倒す勢いでやろうと思ってます。
 

二つ目は、コンテンツがどこにあるかわからない。

コンテンツがどこにあるのかわからない=権利元がわからなくなっている、ってことです。

死蔵されたコンテンツを蘇らせたいけど、当時の権利が複雑で・・・とか、海外からだと何が何だかわからない・・・とか、ほとんどの理由がこれらです。

いいものは特に何度も繰り返し使われ、時代が変わっても人のココロに感動を与えるものですが、昔のコンテンツはお宝探しにもヒジョーに近いので、それを是正し、わかりやすくしたいと思っています。
 

三つ目には、価値あるコンテンツが孵化してくれそうな人や会社に渡らない。

これは事業移管で困っている人たちが意外と数多くいることがわかったから。

労力や時間をかけて創り上げたコンテンツ。
それが、事業消滅や会社解散などによって、一気にパーになる程、悲しいものはありません。

コンテンツ業界の人たちが移管や存続に苦労されていたことから(やがてそれが自分の身に降りかかってわかったことなども踏まえ)、お役に立てるようなマッチングを行いたいと思っています。
 

四つ目には、創ったコンテンツの出口が見つからない

サイトをご利用頂いているお客さんもそうですが、クリエーターの方々は本当に地道な活動をされているんです。
それは頭が下がるぐらい。っていうかもっと。

なので、当サイトでは一番ココを意識しています。
その姿勢に胸を打たれることがあり、微力かもしれないけど、クリエーターの力になりたいと常に願っています。
(もちろん、買って頂く側にとっては、収益を生むものでなければ意味がありませんので、その意識は前提としてますけど。)

一つ一つのコンテンツのレベルが全世界的にも向上しているので、クリエーターの人たちの創られた作品が国内、または、海外に大きく羽ばたいていける支援を心掛けています。

当サイトではそんな情熱を持った方々、大歓迎です。

Back to Top