タメになる面白情報

はじめに

コンテンツ・リプロデュースを補足する、「タメになる面白情報」

「タメになる面白情報」コンテンツの権利の利用方法や契約、海外表現に関する面白い情報から真面目な統計まで硬軟取り揃え、コンテンツの2次利用に役立つ情報を志しています。
もし気になる情報や「タメになる面白情報」についてのご意見・感想などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
↓クリックでメールアドレスが表示されます。
omoshiro

※PCの場合は右の記事一覧で選択、携帯の場合はこの「記事一覧」をクリックすると、一覧に飛びます。または各記事の見出しバーの右上の文字列(例 [ コンテンツ2次利用《ゲーム化》 ] )をクリックすることで、ご覧頂けます。マウスを合わせても下線が現れない場合は、すでにまとめ記事が表示されていることもあります。[編集 面白班]

2013-09-27 アプリコンテスト(9)-東京証券取引所「ソーシャルかぶコン2013」

あの東京証券取引所が、初のアプリコンテストを行います!!
ベンチャー企業への資金供給といった投資家の役割を分かりやすく学ぶことができるアプリの募集です。

また来月5日には、コンテストの一環として、東京証券取引所にある「東証オープンプラットフォーム」で、IT技術者などが技術やアイデアを出し合うイベントも行い、このハッカソンで開発された作品はコンテストの1次審査が免除されます。

そんな時間もないという方、以下の3つのコンテスト部門から選択して応募できるようです。

(1)アプリ開発部門-株式市場、上場会社に関するアプリやWebコンテンツ
(2)アプリ開発アイデア部門-アプリ開発せずに、アイデア
(3)プロモーション部門-若い世代への社会的意義を伝えるもの

募集期間:2013年7月1日~10月31日

上記部門の複数応募も可能です。
各部門の1作品に優勝作品に30万円が授与されます。
優秀作品でも15万円と太っ腹な賞金が与えられます。

株式に興味があり、またアイデアがある方は応募してみてください。
詳細はこちらになります。

ソーシャルかぶコン2013

2013-02-22 アプリコンテスト(8)-ドコモベンチャー支援

「ドコモ・イノベーションビレッジ」のベンチャー支援のお知らせです。

募集するテーマは、「グローバル・スタンダードになりうる、モバイルを活用したサービス」だそうです。

特に、コンテンツ、フォト、マシン・ツー・マシン(M2M)、ヘルスケア、教育、環境、決済等の分野に注目しているようです。
また技術やビジネスモデル、アイディアは開発期間である5 ヶ月間でβ版をリリースできるレベルのもので、ドコモとのシナジーがある方がベターなようです。(それはそうだね。)

条件は、法人の場合は原則として設立3 年以内従業員数10 名以下であること、個人の場合は、プログラム参加決定後速やかに株式会社の設立が必須のようです。
(株式会社設立のサポートもあるようです。これいいですね。)

参加メリットには開発助成金として200万円、都内の共同オフィススペースの提供、NTTコミュニケーションズのククラウドサービスを期間中無償提供、専門家のメンターなどです。

スケジュールは以下の通りです。

募集:2013年2月7日(木)~2013年3月11日(月)
書類審査・面接審査:2013年3月中旬~2013年4月上旬 (1次審査、2次審査あり)
開発期間:2013年4月下旬~2013年9月上旬
リリースイベント:2013年9月中旬

詳しくはこちらをご覧ください。

ドコモ・イノベーションビレッジ

さすがドコモさん、と思うような内容で、しっかりしてます。
(KDDIの後追いなので、内容を濃くせざるをえないかもしれませんが。)

2013-02-05 アプリコンテスト(7)-KDDIベンチャー支援

あのKDDIもアプリの支援をしていたんですね。

その名も「KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)」。

「グローバルに通用する革新的なインターネットサービス創出」として、各種プロダクト・技術・アプリのアイデアを募集するプログラムです。
審査をパスし、β版を作った段階で、出資・事業提携で支援してくれるというもの。

対象者はプログラム期間中 (3ヶ月間) にβ版サービスをリリースできる技術力を保有していること、個人・法人・チーム (最大3名) の区分は問わないが、法人の場合は、従業員10名以下、設立3年未満の法人、KDDIの担当者のアドバイスで都内にて参加できるもの、と条件があります。

以上の「通常枠」以外にも「学生枠」も別途設けられています。

また独特なのは「HTML5枠」もあって、Phone/iPad, Androidフォン/タブレットで動作するHTML5の特徴を生かしたサービスでの応募もあります。

提出期間:2013年1月30日 (水) ~2013年2月22日 (金)

詳しくはこちらをご覧ください。

KDDI ∞ Labo第4期プログラム

ともあれ、auのサービスに革新的なアイデアが求められているということです。
堅いKDDIさんなので、賞金等の派手さはありませんが、「∞(ムゲン)」と書かれているように長く続けるつもりのようです。

2011-11-26 アプリコンテスト(6)-東京スマホAPPコンテスト

アプリの募集は勢いがとまりませんね。

今度は第1回開催となる「東京スマートフォンAPPアワード開催」のお知らせ。
主催は一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラムと東京スマートフォンAPPアワード実行委員会。
大手企業のイオン銀行、ANA、サントリー、資生堂、WWF、東京スカイツリー、日産自動車、日清食品、ファミリーマートのそれぞれのテーマに対し、Androidアプリを応募するものです。

応募期間は2011年12月16日(金)〜2012年2月13日(月)まで。優勝賞金は200万円。

詳しくはこちらをご覧ください。

東京スマートフォンAPPアワード

2011-10-30 アプリコンテスト(5)-電通DH主催コンテスト

コンテンツとは毛色が異なる、マーケティング関連情報ですが、ご紹介します。

電通デジタル・ホールディングス主催の「ad:tech tokyo Innovation-Zone Award 2011」で世界を変える日本発のイノベーティブなサービスやプロダクトを募集しています。
利便性やユーモア、デザインと発想力をもつ作品を評価して、世界発信をしてくれるとのこと。

募集対象は、Facebook、Google、mixi、Paypal、Preferred Infrastructure、Twitter、YouTubeなどのAPIを活用したWEBサイトやガジェット、アプリケーション(スマートフォンアプリ、mixiアプリ、Facebookアプリなど)。

募集期間は、2011年11月1日(火)~2012年1月31日(火)だそうです。

グランプリはad:tech SF出展と海外渡航費支援、優秀賞は賞金またはブランドサミット出展とのこと。
(このあたりは詳しく書かれていないのが、残念ですが。)

詳しくはこちらをご覧ください。

ad:tech tokyo Innovation-Zone Award 2011
 

2011-07-26 アプリコンテスト(4)-リクルートR25コンテスト

うっかりしてましたが、「アプリ・ファンドやその他サイトのまとめ」の続報です。

リクルートのR25もアプリ大賞をやっていたんですね。
第一回の応募締切は6月30日で、7月20日に授賞式が行われたようです。

しかし「第1回」と書かれているので、今後もあるはず。

気になる方は今後の動きをマークしてくださいね。

R25 presents 第1回Androidアプリ大賞

2011-05-30 アプリコンテスト(3)-楽天トラベル・コンテスト

「アプリ・ファンドやその他サイトのまとめ」の続編です。

楽天トラベルが「日本を元気にする面白いアプリ」のコンテンストの応募を開始しました。
(みんなはもう知っているよね?!)

楽天トラベルWebAPIを使った、iPhoneアプリ、Androidアプリを募集するという。
応募期間は2011年7月31日まで、賞金は最優秀賞で100万円、優秀賞5作品にはそれぞれ10万円ずつ与えられるらしい。
その他の賞金も用意されている。

アプリはトラベルに絡ませなければならないとか条件には書いていないけれど、楽天トラベルAPIの使用することは必須。
楽天トラベルとしての試みは面白そう!!

気になる方は今すぐチェック!

楽天トラベルスマートフォンアプリコンテスト

2010-12-15 アプリコンテスト(2)-デジタルガレージ、サイバーエージェント

「アプリ・ファンドサイトのまとめ」の続編です。
アプリ開発にこだわらず、創業者の支援のファンドもあるようです。
もう締め切っていますが、これからまた募集があるかもしれませんので、創業者や個人には目が離せない情報です。

Open Network Lab(デジタルガレージ、ネットプライス)
Startups 2010(サイバーエージェント)

世界を視野に入れたアイデアがある方はこれからこういったファンドが増えてきそうですので、FacebookやTwitterなどを生み出すチャンスです!!

2010-06-13 アプリコンテスト(1)-コンテンツワン・コンテスト

「アプリ・ファンドサイトのまとめ」の続編です。今年もアプリが熱いですね。
(この他にアプリ開発での応募にご興味がありましたら、左のアプリ開発をクリックすると以前の情報をご覧いただけます。)

また、賞金でのコンテストがひとつありましたので、ご紹介致します。

ソーシャルアプリコンテスト

優勝賞金は100万円とのこと。
各賞も用意されているようです。
ご興味がある方は応募してみてください。

2010-04-28 アプリ・ファンドのサイトまとめ

プラットフォームのオープン化に伴い、コンテンツやソーシャルアプリの開発などの支援について、関係者やお客様からも問い合わせが続いていますので、ここで主だったところを一挙にまとめてさせて頂こうかと。

<SNS>
ミクシー アプリ
グリー アプリ
MySpace
Facebook
モバゲー

<携帯>
iPhone デベロッパー
Android デベロッパー

<共同開発投資>
SAF(アドウェイズ、ngi)
アプリやろうぜ(GMO)
ソーシャルゲーム・アライアンス・プロジェクト(サクセスネットワークス)
アプリファンド(ngi)

<まとめサイト>
Googleオープンプラットフォームまとめ

 

上記には申込が終了しているものや英語だけの説明サイトも含んでいます。
(推奨するものではありませんので、ご自身の判断で行ってくださいね。)

共同開発に列挙されているサイトは、資金やインフラ、マーケティング、アドバイザーなどのサービスを付加したもので、投資やスタッフ確保に困っているクリエーターにとっては、願ってもないチャンスかもしれません。もちろん、レベニューシェア(利益配分)はついてまわりますが。
その他にもソーシャルアプリ向けのクラウドサービスなども増加傾向で、いろいろなサービスがあるようです。

アメリカではiPadの将来性を見込んで、アメリカでのiPhone OS向けアプリケーションの開発企業にファンド投資を増やすなんてことも言われているようですから、この熱は冷めやらないのかもしれません。

Back to Top