タメになる面白情報

はじめに

コンテンツ・リプロデュースを補足する、「タメになる面白情報」

「タメになる面白情報」コンテンツの権利の利用方法や契約、海外表現に関する面白い情報から真面目な統計まで硬軟取り揃え、コンテンツの2次利用に役立つ情報を志しています。
もし気になる情報や「タメになる面白情報」についてのご意見・感想などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
↓クリックでメールアドレスが表示されます。
omoshiro

※PCの場合は右の記事一覧で選択、携帯の場合はこの「記事一覧」をクリックすると、一覧に飛びます。または各記事の見出しバーの右上の文字列(例 [ コンテンツ2次利用《ゲーム化》 ] )をクリックすることで、ご覧頂けます。マウスを合わせても下線が現れない場合は、すでにまとめ記事が表示されていることもあります。[編集 面白班]

2015-02-08 アニメシナリオコンテスト-集英社とアニマックス

集英社とアニマックスの合同の「アニメシナリオ大賞」の募集が昨年から告知されています。

テーマは少年ジャンプからイメージする、オリジナルシナリオです。
(漫画とかアニメデモ版とかの応募ではありません。)
未発表のオリジナルシナリオで、30分~40分の1話完結アニメを想定できる長さのシナリオのようです。目安として、200字詰原稿用紙の場合は80枚程度。400字詰原稿用紙の場合は40枚程度とのこと。

応募期間:2014年12月1日(月)~2015年3月31日(火)
応募締切:2015年3月31日(火)必着

大賞発表は2015年8月下旬を予定しているようですが、大賞受賞者には以下特典があるようです。
①賞金200万円
②大賞作品を少年ジャンプ+でコミック化
③大賞作品をアニマックスでアニメ化

こんなチャンスは滅多にないので、もし興味がありましたら、以下サイトにて詳細をご確認ください。

少年ジャンプ+ × アニマックス アニメシナリオ大賞

2013-07-12 芸術祭コンテスト-第17回文化庁メディア芸術祭

恒例の文化庁メディア芸術祭の作品募集が開始しました。

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門においてプロ、アマ、自主制作、商業作品を問わず世界から作品を募集します。

条件は2012年9月21日(金)から2013年9月12日(木)までの間に完成、または発表された作品で、作品の著作権保持者であることです。

募集期間:2013年7月11日(木)~ 9月12日(木)必着
受賞発表:2013年12月上旬

各賞品は部門ごとに大賞1作品、優秀賞4作品、新人賞3作品を選定するようです。
大賞は賞状、トロフィー、副賞60万円、優秀賞は賞状、トロフィー、副賞30万円、新人賞は賞状、トロフィー、副賞20万円、功労賞は賞状、トロフィーで、このほか、審査委員会推薦作品も用意されているようです。

メディア芸術祭の認知が高まるにつれ募集数も増加傾向にあり、昨年は3,503作品の応募があったようです。
その一方で、知人や業界関係者も受賞するケースが増えてきました。
ご興味がある方はぜひ応募してみてください。

第17回文化庁メディア芸術祭

2013-06-18 クールジャパンコンテスト-クールジャパン・マッチンググランプリ

経済産業省主催の「クールジャパン・マッチンググランプリ」が今年も開催されます。

知り合いも運営側にいるとのことで、安心して参戦、いや、参加しようと思っています。

主旨は、海外で儲けることを目的として、コンテンツ×消費財・スポンサー企業、テナント施設×物流・流通・商業施設、 地域資源×デザイナー・クリエイターとの掛け合わせを基本に、日本のクール・ジャパンを担う企業がプレゼン、参加している企業とのマッチングを行います。
今回の東京で行われるイベントを皮切りに、全国各地でも実施予定とのこと。
(っていうか、うちのサイトの主旨そのまんまというご意見も。笑)

開催日:2013年 7月4日(木)、5日(金)
会場: 六本木アカデミーヒルズ49 「タワーホール」

尚、プレゼン企業は1日40社(想像ですが、1社持ち時間8分~10分)行うようです。
プレゼンしたい企業や人はプレゼン申込用紙に必要項目を記入し、6月20日までに申し込まなければならないようです。
(告知がギリギリということと、7月3日~5日は東京ビッグサイトで、東京国際ブックフェア、クリエイターEXPO東京、ライセンシング ジャパンとかぶっていたり、パリでJapan Expoがあったりと企業もクリエーターも多忙な時期だと思うのですが。)

逆に、目立つこともあるので、ご興味がある方はぜひ。
我々も参加しています。
詳細はこちらです。

クールジャパン・マッチンググランプリ

Back to Top